競馬回顧

見ごたえ十分! 強い勝ち方をしたラッキーライラックの大阪杯 回顧

◎ラッキーライラック 1着

ブログ本命で見事的中できました! とても嬉しい。

でも、ロジカルに、これがこうだからラッキーライラックです! というのではなく、最終決断は、

「好きな馬だから」

だったので、予想が当たったとは言い辛いですね。

エンジョイ勢的には、好きな馬で本命1着的中で、レースも楽しめて馬券も当たるという最高の結果でした。

 

予想の段階で、どれが逃げるんだろう? と書きましたが、スタートとテンが速い馬たちの中で、押し出されるようにダノンキングリーがハナへ。誰も主張しなかったし、横山典弘騎手らしく、行けるなら行っちゃおうと判断したのでしょう。

前半の時計的には、スローっぽいですが、途中ジナンボーに突っつかれるようなかたちになって、4ハロンめと5ハロン目で少し速くなってます。ダノンキングリー的にはそれが最後響いたかもしれません。

マイペース3番手追走のラッキーライラックは絶好のポジションでした。直線ではいささか進路が狭かったんですが、1頭分だけ隙間があくと、一瞬でそこに突っ込んで伸びてきました。先行できて、一瞬で動けるのがこの馬の強みですね。

デムーロ騎手は、昨年からスランプ続きというか、乗り馬の質が昔とは違ってきて、重賞勝利が減ってしまった中で、嬉しいGⅠ勝利。世界情勢的に色々厳しい時ではありますが、見事な騎乗でした。ゴール直前でカメラに向けてポーズする余裕と、無観客でもファンサービスする姿勢はいいですね。

 

2着クロノジェネシスもいい競馬をしていましたが、ラッキーライラックが上回っていたと言えるでしょう。あるいは、鉄砲型と叩き良化型の差が出たか。

 

人気どころでは、ブラストワンピースは馬場と展開が向きませんでした。内前があれだけ残る中で、大外まくりから差し切るのは厳しいですね。

ワグネリアンはラッキーライラックの後ろにいながら、脚色はよくなかったし、カデナにも差されていたので、状態か、能力でしょう。詰めて使えないからとこのローテーションでこの結果なら今後狙い目は薄いかと。

 

はてなブログから引っ越して初めてのGⅠ予想を的中で終えられて、嬉しい週末でした!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です