馬券予想

桜花賞 予想します

土曜阪神は比較的内も伸びて、外伸びとはいえない馬場だったと思います。

逃げ切りもないですが、コーナーでは好位にいたいですね。

 

能力があって、先行経験のある馬が内枠に割といます。そしてスマイルカナは逃げ宣言。外枠に入ったレシステンシアがどう出るかはわかりませんが、ポジション争いが激しくなる可能性はあります。

 

まず注目したいのは昨年2歳馬デビューから大躍進を続けるキズナ産駒。すでにディープインパクトの後継はこれで決まりとまで言われ始めているほど、勝率は高いし重賞も勝っています。ここで早くもクラシック勝ち馬輩出となるか。

キズナ産駒は2頭、マルターズディオサ、フィオリキアリ。フィオリキアリは大穴。リステッド2着があるとはいえ、他の重賞勝ち馬と対戦して上位に来られるかは未知数で、来たら驚きですね。

マルターズディオサは戦績に十分足りています。1番人気でもおかしくない馬ですが、生産や騎手のためですかね。低評価に甘んじています。

 

他に阪神芝1600を得意としている種牡馬は、キズナの父でもあるディープインパクト。6頭もいますね。どれも上位候補といった顔ぶれで、どれをチョイスするかという話になります。

 

現状、オッズ的に買いやすいと思うのは、スマイルカナ、サンクテュエール、マルターズディオサ、クラヴァシュドール、マジックキャッスル、ミヤマザクラあたりです。多いですが、ハイレベル混戦といった感じで、ありそう、と思える馬はたくさんいます。なんなら、リアアメリアも、阪神JFで負けて人気が落ちて美味しい、と判断するテもあります。

 

人気のデアリングタクト、レシステンシアはもちろん有力ですが、デアリングタクトは重賞初出走だし、レシステンシアは枠がよくないという不安材料があり、それでいて人気ならば買いづらい気がしています。来たらごめんなさいです。

 

相対的にオッズがおいしいのはやはりマルターズディオサだと思います。阪神JFではレシステンシアに離されて負けてしまいましたが、常に力を出していることろは好感がもてます。前走は色々うまくいった結果という感じもしますが、戦績からしてこのオッズなら狙っていいと思います。

◎マルターズディオサ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です