競馬回顧

ひやっとしたけど的中のNZT 回顧

◎ルフトシュトローム 1着

本命1着的中ということで嬉しいですね!

 

レースは、内枠の馬が先行してすんなり隊列決まってスローかと思いきや、先団が固まって、淀みないペースに。後方待機勢が台頭することになりました。

 

ルフトシュトロームは単純に強かったです。コースロスが大きいのに差し切りました。馬場と展開が向いたのもあるかもしれませんが、NHKマイルでも期待できると思います。

2、3着のシーズンズギフト、ウイングレイテストも外を回して入着。特にウイングレイテストは内から寄られて外に膨らみながら伸びてきましたね。

 

4コーナーで、ルフトシュトロームとウイングレイテストが接触して、見ていてかなりひやりとしました。ウイングレイテストが入着したことから、

「これは審議案件だ……」

と半ば諦めかけたんですが、審議にはならず。

パトロールを見ると、その前にコウソクスピードが外に膨らんで、ルフトシュトロームもその煽りを受けたかたちだったんですね。キレイな競馬にはなりませんでしたが、勝ってくれてよかったです。

 

ちなみに、予想記事にて、中山芝1600はスクリーンヒーロー産駒が相性いいんでマイネルグリットとかどう? というようなことを書きましたが、3着ウイングレイテストがまさにスクリーンヒーロー産駒でした。さすがに大外は……と思ったんですが、展開的に外枠がかえってプラスだったかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です