競馬回顧

本命的中のアーリントンカップ 回顧

◎タイセイビジョン 1着

本命1着的中ということで、人気馬といえど満足です。

実績からして、ここは負けられないところでしたね。格下相手に後れを取るようなら、今後買い時は一切ないだろうくらいには考えていました。

石橋騎手も外に進路ないと見るや、一気に内に進路をとったのは好判断でした。内はやや伸びづらい馬場状態だったとは思いますが、それを差し引いても、あそこは内にいってしまったほうがいい場面でしたね。

ペースが速くなって馬群がばらけ気味になったのもよかったと思います。

 

他、上位勢は今後順調にいけば買い時はあるように感じました。プリンスリターンなんかはけっこうきつい展開で頑張っていますね。

トリプルエースだけは、1200のほうがいいんじゃないかなと感じました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です