競馬回顧

ハイレベル混戦を制したのはコントレイル! 皐月賞 回顧

◎ダーリントンホール 6着

ぽっかり開いた内を1頭だけ伸びてくるという都合のいい予想してましたが、そう甘くないですね。コントレイルのさらに外からでは追いつくはずもなく。そこそこ伸びはしましたが、それなりで終了。

 

コントレイルは予想以上に圧倒的でした。大外回して余裕で届いちゃうんですね。強いの一言です。

サリオスは調教でもさほど時計出していなかったようだし、本気度の差な気がします。勝負付けが済んだとは思わないでいいと思います。

ガロアクリークは重賞馬ですし、これくらいはやれるんでしょう。人気の盲点という感じでしたね。

 

4着に17番人気のウインカーネリアン。レース見てると、大逃げ気味のキメラヴェリテの2番手。実質単騎逃げってやつで、道中楽だったのがよかったと思います。逃げ馬のペースは速かったですが、2番手以降はスローだったと思います。

1番案外だったのがサトノフラッグです。中団に位置して、突き抜けるか、悪くてももう少しやれると思ってたんですが。前走メイチだったんですかねやはり。

 

牡馬クラシック1冠目が終わり、1番人気コントレイルが年に1頭だけに許される、3冠馬挑戦の権利を得ました。馬券は買いませんでしたが、ディープインパクト産駒として、牡馬の超大物であったら嬉しいですね。

キズナにも、ディープインパクト系拡大の役を期待しているんですが。重賞馬は出しているし勝ち上がり率もいいものの、ここまではGⅠホースは出ていませんね。

 

血統好きなので、特に牡馬クラシック戦線はその観点で色々と楽しみになってしまいます。

来週からまた馬券予想頑張りつつ、競馬をエンジョイしていきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です