競馬回顧

◎的中! 大波乱の福島牝馬S 回顧

◎フェアリーポルカ 1着

 

馬場読みはてんで外れて、どっちかというと内から伸びてきましたが、◎1着的中です。

 

レース前にランドネが全部落鉄というレアなアクシデントあり、レース発走が大幅に遅れました。その影響があったからかどうなのか、レースは波乱になりました。

 

レースは気持ち速いペースでしたでしょうか。逃げ先行馬が多いメンバー構成でしたが、早めに隊列が決まってそこまで速くはありませんでした。

 

逃げるモルフェオルフェをランドネが早めに捕らえにいき、粘りこみを図りました。フェアリーポルカはコーナーを内目を回り、コーナーワークでポジションを押し上げ、直線ではうまく進路が開いて一気に抜け出しました。外を回したリープフラウミルヒもよく伸びましたが、2着まで。

そのほか、外を伸びてくる馬はいましたが、経済コースをとったフェアリーポルカや仕掛けタイミングがよかった2,3着馬には及ばず。

 

フェアリーポルカはこれで重賞2連勝。好調が伺えますが、メンバーレベルがぐっとあがるであろうヴィクトリアマイルでも買えるかというのは、考える余地がありそうです。

2,3着馬も、立ち回りがうまくいった感があり、次走以降狙えるかは微妙。

 

アクシデントがあったので、今回大敗してしまった馬たちは、次走の条件次第では見直しが必要かもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です