競馬回顧

◎的中! 横山武史騎手、重賞初制覇! フローラS 回顧

◎ウインマリリン 1着

 

内心、外国人騎手が勝つんだろうな……と思いながらも、内枠有利を重点において、的中することができました。日和らなくてよかった……。

横山武史騎手は若手の中でも勝率がよく、腕の良いところを見せているので、いずれは重賞を勝てるだろうと思っていましたが、ここで決めてくれてよかったです。おめでとうと言いたいですね。

 

レースはかなりのハイペースで進みました。GⅠレースかと思いましたね。

決め打ちしてたようにシャンドフルールがハナを切り、それに先行勢がついていって、流れが緩みませんでした。

ウインマリリンはそれらの馬の後ろあたり。直線で少し進路がとりづらそうでしたが、内にうまく切れ込んで先頭に立つと、開幕週馬場も手伝って粘り通しました。

一方2着ホウオウピースフルはなかなか進路があかず、ポジションを悪くしました。ようやく抜け出せると、一気に脚を伸ばしましたが、2着まで。スムーズであれば勝っていたかもという内容でした。

3着フアナはやはり外枠がネックだったと思います。スタート後すぐにさげて内に入れてコースロスを少なくする工夫はしていました。内枠だったらもっと位置をあげられたと思うので、勝ち負けできたのではないでしょうか。次走も注目できると思います。

 

敗れてしまった人気馬は、もともと小柄な体でなおかつ馬体が減っていたし、ダートコースの砂が舞うほどの強風もあり、今回はしかたないという面もあるかもしれません。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です