競馬回顧

フィエールマン連覇! 熱戦となった天皇賞 回顧

◎ユーキャンスマイル 4着

久々というか、何レースぶりかに馬券圏外、しかも4着ということで悔しいです。いけると思ったんですが……。

道中は中団のイン。直線でも内を選択して激しく追っていましたが伸びきれず、最後はミッキースワローに捕まって4位入線。悪くない競馬だったと思いますが、GⅠだと善戦に留まってしまう馬なんですかね。

 

注目のスタートは、去勢手術明けのダンビュライト、テンの速いスティッフェリオが好スタート好ダッシュ。そして問題児となりつつあるキセキも好スタートから3番手に続きました。

キセキは最初の3コーナーくらいまでは折り合っているように見えましたが、武騎手はかなり折り合いに腐心しているようにも見えました。最初の直線では行きたがるので行かせたという感じで先頭へ。1200~1400の通過ラップが11.6になっていて、そこがちょうどキセキが先頭にたったあたりですね。その後は徐々にペースを落とし、残り800mあたりから坂を下りながら再加速。しかし道中の力みゆえか、さすがに力尽きました。しかしそれでもよく粘って0.8差ですから、馬の力は本当にあると思います。

 

勝ったフィエールマンは大外発走でしたが、慌てずマイペースといった感じで中団の外追走。ルメール騎手本人をして、楽勝と言わしめた手応えのよさで、直線きっちり捕え切りました。(ぎりぎり首の上げ下げでハナ差勝利だったので見た目上全然楽勝ではありませんでしたが、多分、楽勝と言ったのが言葉のアヤというか、外人さんらしい失言といった感じと思います)

これで天皇賞を連覇。勝ったGⅠ全て長距離かつ全て休み明け。(現代日本競馬において、休み明けという文言に語弊がある気がしますが)陣営が馬の適性と特徴を活かしての戦績といった感じがしますね。

 

伏兵スティッフェリオが2着。前に行って粘れる馬で、3000m超のレースは2年半ほど前の菊花賞以来でしたが、持ち味の活きた競馬でした。最後は本当に惜しかったですね。

3着ミッキースワローは重賞の上位常連ですが、しっかり力を出したと思います。

 

2,3着馬に共通、なんなら勝ったフィエールマンにも共通しているのは、非根幹距離が得意であるということですね。京都芝3200という、1年にこの天皇賞春でしか使用されない特殊コース。根幹距離で強いうまたちとは、一味違った適性が必要になるのかなと、改めて思いました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です