競馬回顧

雨中開催でダノンスマッシュ逃げ切り! 京王杯SC回顧

◎ストーミーシー 7着

前にいってほしかったし、近走で脚質転換ともいえる先行策で結果を出していたので、前に行くと思って買ったのですが、なんとも中途半端な位置取り。伸びも止まりもせずなだれこんだ感じでした。

 

勝ったダノンスマッシュが、それをやってほしかったんだよ! というような競馬。それにしても後ろは可愛がりすぎでしたね。前半3F35.1は、後半3F33.1だったのを考えるとけっこうスローだったと言えるでしょう。レーン騎手が巧みに逃げて、まんまと、と言っていい逃げ切り勝ち。

他上位入線も先行勢。その結果からしても、タナベンの位置取りはやや不満ですがしかたない。

 

人気のタワーオブロンドンですが、高松宮記念も重馬場で大敗という感じだったので、今回もそれと見ていいと思います。

 

上位勢はみんな高松宮記念からの臨戦で、そもそもの読みが外れていたのは反省。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です