競馬回顧

新馬、未勝利と錯覚…!?(褒め言葉) ヴィクトリアマイル回顧

◎ダノンファンタジー 5着

まさかのアーモンドアイの後ろから。まあ展開ってのは馬券購入者の思い通りにはなりはしませんね。勝てないにしても、先行してほしかったんですが…。

 

アーモンドアイの強さは言わずもがな。新馬、未勝利戦で、未来のGⅠ馬がその他大勢の馬に楽勝する。そんなレースを観ているようでした。ワンチャン負けてくれればオッズうめえなんて考えていたのがバカだったと思わされるくらい(考え方として間違っていると思いませんが)、圧倒的な勝利でした。

注目なのは次走。安田記念参戦の話も出てきています。間隔は詰まりますがどうなんですかね。自分としては間隔が詰まったとしても、阪神芝2200使うよりはマシなんだね、といささか冷ややかに見ていますが。

 

サウンドキアラはスタートからうまく流れにのって、外枠ながら前目につけました。アーモンドアイを待って追い出すシーンがありましたが、単純に相手が悪かったです。充実期にあり、その実力は発揮しているでしょう。

 

ノームコアは前走大敗でしたが、昨年勝っているコースで順当に良化しました。勝ち馬はもちろん、2着馬もいい競馬をしていた分、3着に甘んじました。

 

個人的に4着のトロワゼトワルの競馬は評価したいです。もともと逃げで結果を残せている馬ではありますが、打倒アーモンドアイと思うなら、これしかないという競馬でした。馬場バイアスを味方につけた、いい逃げだったと思います。

 

ほとんどの馬が33秒台のあがりを出しており、結果的にはよーいドンの競馬になりました。前の位置で、どれだけいい末脚を使えるか、という勝負でしたね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です