競馬回顧

デアリングタクト二冠達成! 強い! 優駿牝馬 回顧

◎クラヴァシュドール 15着

逃げ馬を追走しながら、積極的にポジションを取りに行きました。早めに仕掛けていったんは先頭も、最後まで持ちませんでした。早々に後退。

単純に距離が長かったように見えたし、溜めたところで勝てはしなかったでしょう。手応え怪しいのを承知で早めにしかけて少しでもお釣りがあればといった騎乗に見えましたね。

内枠を利した競馬をしてくれたとは思います。

 

印は違いますが、ある意味予想通りデアリングタクトが優勝。直線でいったん外に出そうとしているように見えましたが、内に進路を見出すとすぐに切り替えて突き抜けてきました。その一瞬の反応の良さ、追い出してからトップスピードに至るまでの早さ。そのあたりが強者たる所以といった感じ。

順調にいって、三冠馬になってほしいと思います。

 

2着ウインマリリン、3着ウインマイティーはどちらも好位で進めました。ロスなく立ち回って粘り込みました。馬場がいいし、内前有利顕著なかで、最適解というような競馬でした。それだけに、ウインマリリン横山典弘は勝てると思ったのを負けたことにされたというような気分ではないでしょうか。相手が悪かったですね。

 

2番人気デゼルは、特にこの馬だけは過剰人気だよというような書き方をしました。まだキャリア浅く、ここで来るようなら本当に化け物でした。まだこれからの馬だと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です