競馬回顧

抗えぬ「呪い」の力!? 安田記念 回顧

◎ダノンプレミアム 13着

驚くほど伸びませんでした。好位につけてていいと思ったのですが、稍重発表の馬場からするとペースが速かったし、実際先行馬壊滅ですし、格別よくもありませんでしたね。しかし、そんな位置取りの問題じゃない負け方でしたね。海外帰りでしたし、仕上がりとか調子だと思います。

 

優勝したのは3番人気のグランアレグリア。12倍でしたから超美味しいですね。

前2戦、高松宮記念と阪神Cを見返しても、すごく強いんですよね。終わってみて、そういやこの馬強かったんだと思いました。それにしても強すぎとも思いますが、予想記事で名前を挙げてもいないのは、読みが甘すぎました。

2着馬に0.4差。コーナー通過順で前にいながら、あがりでも上回り、文句なしの完勝です。秋はどこに出てくるのか……。世界の情勢次第でもありますかね。

 

そして2着のアーモンドアイ。出負けが響きました。が、出負けがなかったとして、想像できるのは、グランアレグリアとの差が詰まっていたな、ということ。つまり勝てたかどうかはわかりません。それくらいグランアレグリアのパフォーマンスが素晴らしかったので。

これまでにないレース間隔も要因ではあるでしょう。

かたちとしては「ルドルフの呪い」にかかってしまいました。秋はなにがなんでも8勝目をとりにくるでしょうか。東京を選んでくるとすれば、天皇賞とジャパンカップ。どちらも勝っているレースですが、普通に考えて、勝とうと思って勝てるレースではありません。そこを勝っていけるかどうか、注目です。

 

3着インディチャンプは落鉄していたようです。それでも3着はさすがというところでしょうか。それ抜きでも勝ちはなかったかもしれませんが、2着はあったかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です