競馬回顧

府中の砂に怪物降臨! 夢広がる圧勝劇! ユニコーンS 回顧

◎カフェファラオ 1着

前走出遅れで後手を踏み、その点が不安視されていましたが、今日はいいスタートを決め、すっと好位へ。2番手につけました。

前2走と同じく逃げを打ったレッチェバロックは強気な感じで、速いペースでとばしていきました。2番手のカフェファラオ自身も緩いペースではなかったはず。

レッチェバロックは距離がこたえたのもあったか、さすがに力尽きました。しかしカフェファラオはそこから止まることなく突き放していきました。

文句なしのレースレコード。5馬身後ろでゴールしたデュードヴァンが例年の勝ち馬レベルのタイムですから、デュードヴァン鞍上のデムーロ騎手が、

「勝った馬は化け物です」

とコメントしたのもうなずけます。

 

2着デュードヴァンはほぼ最後方からあがり最速で追い込みましたが、勝ち馬ははるか前方。相手が悪かったですね。この馬も普通に強いと思います。

3着は人気薄のケンシンコウ。展開が向いた印象です。

 

久々に興奮する馬とレースを観てしまったという感想です。ルヴァンスレーヴのときも似た感覚あったのですが、それを上回ってきました。

前走ヒヤシンスSの後、米国遠征のプランはあったそうですが、コロナの影響で断念。しかし9月5日に、ケンタッキーダービーがスライドして開催されるということで、そのあたりも視野に入れていそうな雰囲気。

無謀な挑戦ではなく、勝ちに行ける逸材だと思ってますので、参戦がかなったら本当に楽しみです。

いちファンの勝手な夢ですが、ケンタッキーダービーから、ブリーダーズカップなんて妄想も、今から広がってしまいます。

 

ケガだけはしないよう、その強い姿をまた見せてほしいと願ってやみません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です