競馬コラム

JRAホームページにて、馬場のクッション性が公表される件

http://www.jra.go.jp/news/202006/062201.html

↑こちらで確認できます。

 

9月11日から公表されるようです。

詳細は公式を確認していただきたいですが、ざっくり言うと、大きい値で硬い馬場、小さい値で柔らかい馬場、ということになるようです。

 

個人的に、非常に興味深いです。速い時計が出るたびに、コンクリ馬場とか批判されているので、このクッション性と走破時計の相関がわかってくれば、その点の理解が進んでくると思います。

 

それに、雨が降った時はどうなるでしょうね。普通は柔らかくなりそうですが。締まってしまって、反発という意味では、大きい値が出たりするんでしょうか。

 

せっかく与えてもらえる情報ですから、有効に使いたいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です