未分類,  競馬回顧

急遽騎手変更のアクシデントあるも、軽快逃げ圧勝! ラジニケ 回顧

◎アルサトワ 7着

スタートから気合をつけて先手を伺うも、最内バビットの行き脚よく、2番手から。

それでも道中は折り合って追走していました。2コーナーあたりでグレイトオーサーが一気に前に出ると、やや内に閉じ込められるようなかっこうになり、ポジション不利に。

前にいったグレイトオーサーは早々に手ごたえを失い後退。その後ろにいたアルサトワは勝負所で前に出られず。直線ではいささか戦意喪失の感あり。かわいそうな競馬でした。

 

勝ったバビットは、逃げてあがり最速と、強い競馬を見せました。ステイゴールド系ナカヤマフェスタの産駒。ナカヤマフェスタといえば宝塚記念勝ち馬であり、凱旋門賞2着馬。時計のかかる馬場ならお手の物といったところでしょうか。

団野大成騎手が負傷で急遽騎手変更。代打を務めた内田騎手が見事に勝利に導きました。今日の競馬っぷりからすると、団野騎手の初重賞制覇も有り得たと思え、そこは不憫であります。

強い競馬で勝ったバビットですが、時計的には平凡。馬場の恩恵であったのではという疑念もあり、中央場所の良馬場、高速決着になったときにどれほどのものかは、注意したいと思います。

 

2、3着馬に関しては立ち回りって感じでしょうか。まだ3歳ですし今後の成長に期待ですが、今日の結果から、今後どうこうってのは正直ありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です