競馬コラム

負けたとき馬のせいにする騎手に言いたいこと

「全然いいと思います。いつもお疲れ様です」

 

「馬のせいにするな! お前が下手なんだ!」

とでも言うと思いましたか?

いちおう馬乗り経験、馬の生産と育成も経験してる自分としては、馬の気持ちなんてそうそうわからん、なんてこと身をもって知っているので、例えば、

「わからない」

とか、

「何故か走らなかった」

とか、

「馬は頑張っている」

とかとか。

馬のせいにしているともとれる敗戦コメントは、理解できるし、まあわからないよねって具合に同意できます。

 

それから、騎手、という特殊な商売の都合ってのも、わかります。

はっきり言って、競馬で負ける原因なんて、馬が弱いからなんです。馬の体調状態も含め、そのとき一緒にレースする馬の中で、強いか弱いか。

 

例えば昨日のライオンボスは1番人気で、2番人気のジョーカナチャンに負けました。

ジョーカナチャンを勝利に導いた菱田騎手の逃げはよかったし、それに比べると、後手を踏んだ感のある鮫島騎手は、相対的にはいい騎乗ではなかったかもしれません。

しかし、騎乗ミスだと非難するような騎乗でもありませんでした。

ライオンボスが負けたのは、その日は、ジョーカナチャンより弱かったからです。

 

しかし、コメントとしては、そんなこと言えませんよね。

それに鮫島騎手はデビュー5年目で、まだ若手と言える時期。武、横山、岩田、戸崎、福永、川田……そのあたりならまだしも、彼が、馬は頑張っていました。なんて曖昧なコメントしてたら、次から乗れないばかりか、その他の騎乗依頼だって減ってしまうかもしれません。

すると、こんな感じのコメントになるわけです。

このコメントを見て、割と多くの競馬ファンが、

「素直に謝ってえらい」

というような感想を抱いているようです。

 

自分は、謝る必要なんて全然ないと思うんですがね。馬券内にはきてるからとかではなく、ビリでも別にいいです、謝らなくて。もし自分が買っていたら、自分がアホだったと思うだけです。

邪推めいていますが、鮫島騎手なりの処世術だと感じますし、打算をも感じますね。

 

でも、多くの競馬ファンはそう思わないみたいですね。わざと嫌味っぽく言いますが、馬に乗るどころか、ろくに触ったこともない人がほとんどでしょうから、知らないんだからしかたないんですが。

 

最近だと、武、横山典、福永、川田、あたりが、負けたとき、言い訳ばかりだと非難されがちに思えます。

馬が弱いから負けた。なんて言えないわけですが、だからって自分が悪いですすいません、なんて、馬が走らなかったのに言わないですよね。だから、わからないとか、そういう曖昧な答えになるんです。

ロバに乗って勝てる騎手がいますか?

 

言いたいことはおおむね以上です。好き勝手にチラ裏記事を書き殴りました。

読んで頂き、ありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です