競馬コラム

新潟千直外枠有利の理由

結論

外のほうが高いから

 

説明

新潟の直線コースは、スタート位置からして、内より外のほうが、高低差的に高くなっています。内から外にかけて上り坂になっているわけです。

動物の本能的に、高所にいたほうが安心するというのがあるみたいです。

想像ですが、高いところのほうが遠くを見渡せて外敵を発見しやすいからとか、戦闘を強いられたときに高所のほうが有利だからとか。

逆に考えれば当然、低いところにいると視界は制限されやすいし、戦闘時も不利です。

 

新潟千直も同じことがあるみたいです。外のほうが安心というより、内にいる馬が委縮するとイメージしたほうがよさそうです。

 

内のほうが芝が荒れているから、と理由づけられたりもしますが、開幕週からして外枠の好走率は高いです。開催後半なら顕著になるかもしれませんが、それは千直に限った話ではないわけで、千直があからさまに外枠の好走率が高いのは、馬場以外の理由だと考えるべきです。

 

内枠発走の馬が、半ば強引に外に進路をとるほど、外ラチぞいの高所は有利なのでしょうね。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です